ニチレイフレッシュ

 


こだわり素材まめ知識

Vol.5 ぶた編 〜 豚肉についてのQ&A

豚肉についてのQ&A

豚肉や、豚肉に関連するウィンナーやソーセージなどについての「?」についてお答えいたします。

 

とんかつ屋でよく目にする、“ロースとんかつ”や“とんかつ(肩ロース使用)”って何が違うの?

“ロース”“肩ロース”とは豚肉の部位のことで、同じ部位ではありません。人間の背中に例えると、胸・肩から背中にかけての一部分のことで、ロースの方が背中に近い部分になります。どちらも脂を適度に含んだきめ細かい肉質の高級部位で、とんかつ用としては最適ですが、“肩ロース”は“ロース”よりも脂肪がほどよく入っていますので、よりジューシィー感が味わえる部位といえます。

豚肉の部位とその利用法

 

ウィンナーとソーセージの違いは何?
ウィンナーやソーセージなどの食肉製品は、日本農林規格(JAS基準)の品質表示基準によって定義されています。ソーセージとは本来、腸詰め全般のことを言い、ウィンナーの正式名称は、ウィンナー・ソーセージで、ソーセージの一種です。
ハムやソーセージの一括表示に、「塩せき」や「無塩せき」という記載がありますが、これは何の意味?

ハムやソーセージをつくる上で、「塩せき」という工程はかかせません。「塩せき」するとは広意としては「塩漬け」することですが、「塩漬け」するための原材料は食塩だけではなく、香辛料や発色剤・保水材などの食品添加物を加えて低温で漬け込むことも意味します。「無塩せき」とは、発色剤や保水材などの食品添加物を加えず低温で漬け込んで生産したハムやソーセージのことです。

「塩せき」の目的

 

ケーシングに詰めるってよく聞きますが、何のこと?
ケーシングとは、ソーセージなど塩せき・熟成後の挽き肉を詰めるための袋状のものです。天然腸、天然素材を加工したもの、人工ケーシングなどの種類があり、目的によって使い分けされています。
天然腸・・・,天然素材を加工したもの・・・,人口ケーシング・・・ まめ知識トップへ戻る

 

ページのトップへ戻る