ニチレイフレッシュ

 


こだわり素材まめ知識

Vol.2 ぶた編 〜 国産豚の種類"

国産豚の種類は?

現在肉豚として飼育されている豚は、ほとんどが交雑種です。強い雑種強勢効果を期待するために、その両親双方ともが異なる系統で、遺伝的に純粋な個体同士(純粋種)をかけ合わせて(例:ランドレース種×デュロック種)交雑種を作り出しています。 日本で交雑種を生産するための純粋種として飼われている豚は次の6品種です。

ぶたのイメージ

 

ランドレース

デンマークで改良して成立したデンマーク・ランドレース種が基礎となった一群の品種。被毛は白色、耳は垂れていて体長が長く、後躯(く)が充実しています。背脂肪が薄く赤肉率が高くて、発育も極めて早いのが特徴です。

 

大ヨークシャー種(ラージホワイト種)

イギリス・ヨークシャー原産の白色、大型の品種。屠体(とたい)は赤肉率が高く、加工品の原料として高い評価を得ています。発育も早く、純粋種としてはランドレース種についで多数飼育されています。

大ヨークシャー種(ラージホワイト種)

 

中ヨークシャー種

ヨークシャー原産の白色・中型の品種。昭和30年(1955)頃までは日本の豚の95%を占める主要品種でしたが、発育が遅いため大型種に押されて頭数は激減しました。

 

バークシャー種

バークシャー原産の黒色で、鼻端と四肢の先と尾の先の計6カ所が白い「黒六白」といわれる毛色の特徴を持つ中型種。肉質がすぐれ、日本では鹿児島(かごしま)地方に多く飼育されており、「黒豚」の名で親しまれています。

バークシャー種

 

ハンプシャー種

北米コーンベルト地帯原産の品種。毛色は黒地に肩の部分に白い帯があります。性質は活発、採食性が強いので放飼に適しています。体質は強健ですが、耐暑性がやや劣ります。

ハンプシャー種

 

デュロック種

合衆国東部原産の赤色の品種。耳は立っていますが、先端の2/3が前方に垂れる半垂耳。体質は強健で飼いやすい品種として有名ですが、四肢の故障が出やすいのが欠点です。

 

まめ知識トップへ戻る

 

ページのトップへ戻る