ニチレイフレッシュ

 


純和鶏の故郷 -循環型の生産体制-

純和鶏の故郷トップに戻る

鶏ふんを肥料に変えて、飼料米をつくる。循環型農業への取り組み。

鶏ふんから有機肥料へ。最新技術で、環境に配慮した農場経営を行っています。

洋野農場では、環境負荷を抑えた持続可能な農場経営のために、「純和鶏」の鶏ふんを肥料に加工しています。バイオマス資源である鶏ふんを、窒素・りん酸・カリウムを多く含む有機肥料として活用しているのです。鶏ふんの処理はすべて農場内で行われます。最新の高速鶏ふん処理プラントは、通常3ヶ月以上かかる発酵型のたい肥と比べ、1日以内で無菌化された有機肥料の製造が可能。鶏ふん特有の臭いもしません。地域循環型の生産体制が、ここから始まります。

鶏ふん処理フロー

 

鶏ふんから生まれた肥料で飼料米をつくる。地域農業の再生への貢献。

「純和鶏」の鶏ふんからつくられた有機肥料は、岩手県軽米町とその近郊の水田で使用されています。「純和鶏」の専用飼料となる飼料米を生産することで、「純和鶏」を起点とした資源の循環を果たしているのです。ニチレイフレッシュでは、JA新いわて農協様のご協力で約100戸の稲作農家の方と契約を結び、約70ha(2010年度作付面積予定)の水田で飼料米を生産しています。水田の多くは、米の生産調整により生まれた休耕田を活用したものです。飼料米の生産は、地域農業の活性化にもつながっています。

循環リサイクル

 

 
ページのトップへ戻る