ニチレイフレッシュ

 


生命の森 − マングローブ植樹プロジェクトとは −

生命の森トップに戻る

えび養殖事業を通して、インドネシアに豊かな緑がよみがえる。

良質なえびの持続的供給と地球環境との共生を目指して地元企業と共に行う、協働プロジェクトです。

生命の森 ― マングローブ植林活動の舞台となるインドネシア/カリマンタン島は、日本でもっともポピュラーなえび・ブラックタイガー種の産地です。これまで、こうしたえび養殖事業は、養殖池の整備のために海辺や水辺の森林を伐採するなど、自然環境に負荷を与えていました。ニチレイフレッシュでは、自然の地形を活用した池でえびを育てる粗放養殖を採用し、その収益の一部をカリマンタン島のマングローグの植林活動に提供。この活動には地元企業を通じWWFインドネシアも参画しています。

カリマンタン島の地図とマングローブ植林証明書

 

街に、養殖池に緑をひろげる、2つの植林活動を推進しています。

ニチレイフレッシュは、2006年12月より地元のタラカン市と協働でマングローブ林再生プロジェクトに参画。えびを養殖する地元企業MMA社への支援を通じWWFインドネシアの助言のもと、タラカン市に植林・維持費用を提供し、市内2ヵ所にマングローグ公園の整備を進めています。また、2009年からは粗放養殖池に約6000本の植樹を計画。粗放養殖池の面積は推定10万ヘクタールにおよんでおり、生命の森は未来に向けてひろがり続けていきます。

当社社長も現地を訪れ植樹を実施。
(上)マングローブ公園 (下)えび養殖池

 

 
ページのトップへ戻る