ニチレイフレッシュ

 


こだわり素材まめ知識

Vol.13 えび編 〜 えびの変態ほか

えびの変態

えびは、卵→ノープリウス→ゾエア→ミシス→ポストラーバへと変態し、その間に何度も何度も脱皮を繰りかえすことで、やっと、普段私たちが目にしている「えび」へと成長します。

卵から親えびになるまで

質問コーナー 新鮮なえびはどう見分ければいいの?

漁獲されたえびは、生活中や漁獲後に付着した細菌や体内の酵素によって、風味が衰えたり品質が低下します。
えびは鮮度が落ちると、皮の光沢がなくなり、黒く変色し、肉質が透明から乳白色になっていきます。さらに鮮度が落ちると、体の色が赤色に変色し、weep(ウィープ)という体液が出ることによってアンモニア臭が発生します。新鮮なえびを買う時には光沢があって黒ずみのない、肉が透明のものを選びましょう。

新鮮なえびはどう見分ければいいの?

 

 

まめ知識トップへ戻る

 

ページのトップへ戻る