ニチレイフレッシュ

 


こだわり素材まめ知識

Vol.10 イカ編 〜 イカの主な漁場ほか

イカの主な漁場

イカは種類によって獲れる場所や時期は異なりますが、世界中で獲ることができます。私たちの日本の近海では、6月から12月にスルメイカの漁期がおとずれます。

イカの主な漁場

Vol.8でご紹介した、一般によく流通する「コウイカ科」「ヤリイカ科」「アカイカ科(スルメイカ科)」でみると、以下のように、その分布域の違いがよく分かります。

分布域の違い

質問コーナー たまに青くなっているものを見るけど、もしかしてカビ?

青く見えるのもの、実はあれは血液です。タコやイカなどの軟体動物の場合、血液中にヘモシアニンという色素たんぱく質が存在し、それは脊椎動物のヘモグロビン同様に、血液中の酸素の運搬をつかさどっています。ヘモシアニンは酸素が離れた状態では無色ですが、酸素と結合すると青色を呈します。そのためイカなどの血液は青く見える場合があるのです。これは食べても安全で、解凍するとその青色は薄くなり、消えてなくなります。

たまに青くなっているものを見るけど、もしかしてカビ?

 

まめ知識トップへ戻る

 

ページのトップへ戻る