ニチレイフレッシュ

 


トップメッセージ

『存在価値のある企業を目指して』

『存在価値のある企業を目指して』
代表取締役社長 金子義史

ニチレイフレッシュは、水産品・畜産品を扱う企業として2005年にニチレイから分社しました。ニチレイグループの前身は、1942年12月に国策会社として設立された「帝国水産統制株式会社」です。遠洋の水産物に始まり、やがては沿岸水産物や農産物・畜産物も積極的に取り扱ってまいりました。終戦後、危機的な食糧経済を復興していく使命のもと食品事業の多角化経営による事業を行ってきたのが今のニチレイグループの原点です。

「世の中において役に立つ企業であれ」
「日本人の長寿と健康に貢献してきた優れた動物性たんぱく質である水産品と畜産品を生活者のために安全・安心に、安定的に提供し続けること」
を創業時からの理念とし、そのDNAを受け継ぎながらこれからも進んでまいります。
そして、水産品・畜産品の素材が持つ素晴らしさや、生活者1人1人の方にご満足戴ける独自のサービスと新しい価値を提供し続けてまいります。

1.国内はもとより世界各地の「おいしい」を安全安心に、お届けします。
2.資源・環境問題にも配慮し、水産業・畜産業の活性化に寄与します。
3.新しい「こだわり素材」の価値を生活者へ届け続けます。

世界的に食糧確保が難しくなる時代。
世界中の生産者と変化する市場とのかけがえの無い「架け橋」となり、常に新たな可能性に挑戦し、新しい価値を創出する企業を目指します。

 

ニチレイフレッシュの企業理念

 

ページのトップへ戻る